プロが行なっている雨漏り調査の種類を把握

雨漏りしているか調査してみよう

自分でもできる調査方法

作業員

雨漏り調査はプロに依頼するのが基本です。しかし、毎回依頼することはできないので、自分で調査することも大事になってきます。雨漏りのチェック項目を紹介するので、少しでも気になった方はプロに調査してもらいましょう。

チェック項目~住宅の外観編~

  • 屋根のスレートや瓦にヒビが入っている
  • コーキングが剥がれている
  • 外壁が色褪せて変色している
  • 外壁が破損している

チェック項目~住宅の内装編~

  • 室内がカビ臭い
  • 天井や壁のクロスが浮いている
  • 押し入れの中にカビが発生している
  • 窓枠やサッシに雨水がたまっている
  • 雨が降ると水滴が落ちる音が聞こえる

プロが行なっている雨漏りの調査方法

目視調査

雨漏りしている箇所を推測して、屋根や屋上を調べたり、雨水が浸入した痕跡はないかを目視で調べる調査方法です。目視調査には豊富な経験と熟練のスキルが必要になります。精度の高い調査をしたいなら、経験豊富な業者に依頼しましょう。

散水調査

雨漏りしているであろう箇所に水をかけて、雨が降っている状態を再現して調査する方法です。散水調査は、目視調査よりも時間も手間もかかりますが、より正確に雨漏り箇所を特定することが可能です。ただし、台風による雨漏りの再現はできません。

発光液調査

雨漏り調査

特殊な発光液を使用して、雨水の浸入経路を特定する調査方法です。紫外線を当てることで発光する液を、浸入箇所に流し込み調べていきます。散水調査で複数の箇所から雨漏りが考えられる場合に、発光液調査をすると原因となる箇所を特定できます。

雨漏りは屋根だけが原因じゃない【外壁からの雨漏り】

雨漏りは屋根や屋上からとは限りません。住宅の外壁から雨水が浸入することもあります。ここでは、外壁から雨漏りする主な原因を紹介します。

外壁から雨漏りする原因とは・・・

自然災害
台風や竜巻などの自然災害が発生すると、強風が長時間吹き付けるために、住宅の屋根と外壁の境目から雨水が浸入してしまうことがあります。住宅の屋根や外壁は、雨水が横から吹き付けること想定して作られていません。台風のときだけ雨漏りする場合は、屋根と外壁の境目が原因かもしれません。ですが、このような雨漏りは火災保険が適用されるケースもあります。
外壁材の劣化
外壁はレンガやサイディングが使用されており、防水塗料が施されています。このような外壁材にも寿命があります。寿命が過ぎた外壁材は劣化してしまい、防水性能が低下するために、雨漏りしやすい状態になっています。以前主流だった外壁材のモルタルは、防水塗料を吹き付けた場合でも、10年以上経過すると劣化して雨漏りしてしまうリスクが高まります。
外壁自体の損傷
外壁材が劣化してなくても、外壁自体が損傷していると雨漏りします。特に隙間を埋めるために使用しているシーリング材が劣化すると、そこから雨水が浸入して、外壁自体を傷めることも考えられます。もし、外壁材を新しくしても、外壁自体に損傷があると雨漏りしますので、外壁のひび割れや破損がないかを確認することが大事です。
TOPボタン